したがって他国の貨幣を買って

FXの面白いところは、単一の投資商品であるのに、投資期間を短い・普通・長いという3つの中からいずれを選定するのかということによって投資の手法がまったく違うところにあると言われます。http://webmania.to

最初に外貨投資する「長い期間の投資」を見てみよう。

長期というのは、一年以上の投資が基本とされているのです。

だいたい為替相場で、一年以上先の為替の相場がは円高と予測するか、反対に円安かどうかを予測することはほとんどの場合困難だと思います。

当然、「そんなに後々の状況のことは予知できない」となるのが当たり前です。

わからないものを頭を悩ませて予測しようとしても、無茶苦茶な行為です。

したがって他国の貨幣を買って、買ったタイミングの価値よりも円高になってしまっても、近いうちに円安になるだろうという気楽な思いで取引に向かうことが大切です。

為替の利益を熱心に大きくするのではなくそれ以外の収益言うなればスワップ金利(異なる通貨間の金利格差)で収益を上げるというのを一番最初のゴールにして始めてみましょう。

当たり前ですがちょっとの期間で為替変動の為のマイナスが非常に大きくなることがあります。

ですからこういうケースのような損が膨らんでも影響の少ないようレバレッジを少なめにやり取りするのが大切です。

FX(外国為替証拠金取引)は損失が一定額以上に増大してしまうと、追加保証金が必要になったりまたはストップロス(ロスカット)になってしまったりします。

損切りになったら即座に売買を打ち切りする必要があり、長期取引は難しくなります。

例のようなリスクを避けるにはレバレッジ2?3倍でトレードするのがベストです。

今度は中期の投資の場合のやり取りに関してです。

中期のスタンスでは、最長でも1?2ヶ月ばかり後々を考慮しての売り買いをします。

為替トレードの時、だいたい1ヶ月後のことはほとんどの場合、予知できると考えられます。

G7などのような閣議の議題や、マーケットに参加している人たちがどういうことに関心があるかを考えれば、だいたいの場合見通しがきくと思います。

こんなファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)を見ながらなお、チャートを見ることによって、レートの状態を把握し、取引を判断するといいでしょう。

基本的に、経済の状況とテクニックの両方で光り、もしくは買い傾向が同じ時はほとんど判断した通りに動いていくと考えて良いでしょう。

その場合保有高を増やしておけば大きいリターンを狙っていけるでしょう。

第三に短期のスタンスの狙いどころです。

ここでの短期スタンスというのは、言い換えればデイトレードを意味しています。

為替市場でデイトレを行うには、経済の状態はいっさい絡んでいないと思います。

というのもあくる日のレートの動向に経済の基礎的条件は影響しないからです。

この場合の最大の重要ポイントは大きい出来事がある時それにより為替の相場が大幅に動く一瞬を見落とさないようトレードすることです。

たとえば、米国にて雇用の統計が発表されるあるいは金利政策などにより金利が変化するような催しごと。

こうした絶好の機会に変わり様を捉えるといったわけで、短期スタンスでは技術的なデータが必要となる。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.maere-music.com All Rights Reserved.