加算した額へとなるのです

借入についての支払方式は金融機関によって違いというものがあっていろいな方式が取り入れられております。

基本的には残高スライド法やリボ払い方式が多いようです。

こうした多くの人が聞いたことがあるリボ払ですけれども本当のところ計算には多くの手法があるのです。

ゆえに其の手法によって引き落し額が変わってきてしまうので理解することで損をするようなことはないでしょう。

じゃあ簡単にこれらのやりようの相違に関して説明します。

一つは元金均等払いというもので次は元利均等払いです。

これらは読んで字のごとく、元金に関して均分に支払っていくというものと、元金と利子に関して全部で一様に支払っていく手法です。

このケースではもし10万円借金したというふうに実際如何様な勘定をしていくのか試してみましょう。

利回りについては両方とも15%と仮定し計算します。

更にまたリボ払いについての支払いを1万円として試算します。

まずは元金均等払いです。

このような場合の最初の返済については1万円に利息分1250円を加えた引き落とし金額になります。

次回の返済については1万円へ金利1125円を加算した額へとなるのです。

こういったようにして総回数10回にて支払を終わらせるといった方法です。

これに対して元利均等払いは1回目の引き落しに関しては1万円で元本へ8750円利率へ1250円といったように割り振りをします。

2回目の返済は元金が8750円に減少した状態にて利子を算出してその1万円から再び割り振りをします。

換言すれば、元利均等払いの場合は10回で返済が終わらない計算になってしまいます。

こればかりの相違で二者がいかに相異なっているかたっぷりとわかってもらえたことと思います。

元利均等は元金均等に比肩し、明白にもと金が縮小するのが遅くなっているという不具合というものがあるのです。

則ち利息を余分に返済すると言うことになるわけです。

他方1回の支払いが些少な額で済んでしまったといったメリットというものも存在するのです。

かような引き落し方法のへだたりにより支払合計金額が相異なってきたりしますのであなたの好みに応じた計画をするようにしていってください。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.maere-music.com All Rights Reserved.