www.maere-music.com

外為取引(FX)においては取引所取引というものがございます。いつもの外国為替証拠金取引(FX)業者と取引を行うことを「店頭取引」と言いますがこの事は取引所を通行させず商いのパートナーは外為取引会社になります。「取引所取引」という場所は外国為替証拠金取引(FX)企業はあくまで仲だちであって直のビジネス相手は取引所を意味する事になっています。この相違をただ今いくらか比べてみます。最初に「店頭取引」の時は委託している資金はFX(外国為替証拠金取引)業者に統括されているのです。反面「取引所取引」の例、そのお金は全てのお金取引所に預託しなければいけないと義務づけられています。そうすることによって万一外為(FX)会社が経営の行き詰まりをするというような事態が万が一あったとしても取引所取引は取引所によってお金は全姿金ガードされることになります。際は外為(FX)業者がコントロールしているので、業況によっては会社破産の巻き添えをに遭い寄託していた資金は守護されずなのです。そして税金面からも両者双方規定に差異が見受けられます。「店頭取引」では、レートの変動による利益やスワップポイントなどを雑所得として報酬と加算して申請せねばなりません。しかれども確定申告せず済む時もありますので、おのれに当てはまるか否か抜かりなく確認をお願いします。万が一あなたがサラリーマンで年俸2000万円以下給与の所得をはみ出した実入りが二十万円以下(2社以上の企業から給料の所得が無いということ)というようなのような取り決めを守っているのであれば特例措置で確定申告はしなくてよいのです。外国為替証拠金取引(FX)利益が20万円以上の際は確定申告をしなければいけません。税金の率は収益に付随して5パーセントから40パーセントの6つの段階に組み分けされておりまして、収益が高ければ税も高騰します。「取引所取引」では、収益があった折はその他の手取りとは別口として「申告分離課税」のターゲットとなります。税金の率は全て同じ20%となるんですが、万一欠損が確かになったのだったら「取引所取引」のメリットとしてマイナス分を次年以降に先延ばしするということができます。上記から読んでも、「取引所取引」の方が「店頭取引」よりも低いtaxになる際もありますので比べてみて考えた方が良いと思います。未経験者のケースは、株価の上がり下がりや円の状況に毎日気を配り、収益や損金分に一喜一憂する事により、税金においての事態を忘れ易くなることもあるので注意しましょう。損は困りますが、実収が増えれば税金も額が多くなるので目を向けるのと自覚が肝要ですね。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.maere-music.com All Rights Reserved.